講義・演習‎ > ‎春・夏学期‎ > ‎

GSE62100 情報フルエンシー(Pythonによるアルゴリズムと問題解決の技法)

  • 2017年度 春学期 月曜3時限(13:30〜15:00)
  • コンピュータールームB
  • Teaching Assistant: 八木 貴之,亀井 友太
日付 内容  備考 
4月17日  ガイダンスとりあえずPython interactive shellを使ってみる第1回の宿題 着席表(4月11日版),
Pythonチュートリアル
4月24日  ソースコードの利用
第2回の宿題(その1: store creditに挑戦(その1),その2: reverse wordsに挑戦(その1),その3: 次回挑戦する予定の問題(speaking in tongue, minimum scalar product)を読んで問題を理解する.)
着席表(4月18日版),
今回は「とりあえずPython interactive shellを使ってみる」の「関数の定義と利用」から説明,
挑戦する問題: Store creditReverse words
5月01日  ファイル入出力reverse wordsに挑戦(完結編)
第3回の宿題: 次回挑戦する予定の問題を読んで問題を理解する.Speaking in tonguesに挑戦(問題編)を解ける範囲で解いてくる.
挑戦する問題: Speaking in tonguesMinimum scalar product
5月08日 プログラミングコンテストの簡単な問題に挑戦,store creditに挑戦(完結編)Speaking in tongueに挑戦(解答編)
第4回の宿題: 次回挑戦する予定のBullseyeとCrop trianglesを読んで問題を理解する.Minimum scalar product(問題編)を解ける範囲で解いてくる.
今回は「Store creditに挑戦(完結編)」の「文字列のフォーマット出力」から説明,
挑戦する問題: BullseyeCrop triangles
5月15日  2分探索の利用,Minimum scalar product(解答編)
第5回の宿題: Bullseye(問題編)Crop triangles(問題編)を解ける範囲で解いてくる.今回は課題もあります.課題はMoodleに掲載します.
2分探索による平方根の見積り
ACM-ICPCへの誘い(2016年度版)
5月22日  計算時間の見積り,Bullseye(解答編)Crop triangles(解答編)
第6回の宿題: 課題がMoodleに掲載されているので,それに取り組む.
挑戦する問題: All your baseWatersheds
5月29日  グラフ探索の利用 ACM-ICPC 2017
申込開始: 2017年5月9日(火)
申込締切: 2017年6月30日(金)
国内インターネット予選: 2017年7月14日(金) コンテスト時間は未定
アジア地区つくば大会:  2017年12月16日(土)~17日(日)
6月05日 グラフ探索と列挙
6月12日  動的計画法
6月19日 ダイクストラ法
6月26日 中くらいの難しさの問題への挑戦
7月03日 最大流の利用
7月10日  難しい問題に挑戦
7月17日 数理最適化,機械学習の利用
  授業時間外の学修課題